6. 学校授業のための学習空間状態と事前学習理解度の最適化

学校授業のための学習空間状態と事前学習理解度の最適化

提案者 (株)電通、ICT Connect 21 普及推進WG((株)サイバー・コミュニケーションズ、(株)システムディ、(株)リクルートマーケティングパートナーズ、(株)内田洋行)
対象分野 教育
実施地域 神奈川県南足柄市
事業概要 学校授業の学習効果最大化を目的とし、教室空間配置センサによりCO2濃度・気温・湿度等の取得データの利活用による学校授業の最適化を行う。さらに、本人同意に基づきパーソナル情報を含む各種校務情報(時間割・出欠・成績等)を教材事業者と連携し、学習理解を最適化するための補習教材を配信する。
実証期間終了後の予定 標準化データ利活用により、特別支援学校や個別対応が必要なアレルギー情報等の活用に活かす。
地域サービス事業者連携による地域経済活性化及び、異業種間地域データエコシステムを実現する。

具体的な取り組みの説明

proj_img_6_01

身近なIoTプロジェクト第1回会合における説明資料