5. インセンティブ付きIoT健康サービスの有料化挑戦事業

インセンティブ付きIoT健康サービスの有料化挑戦事業

提案者 SWC健幸ポイントプロジェクトコンソーシアム (代表団体:株式会社つくばウエルネスリサーチ )
対象分野 医療
実施地域 新潟県見附市、福島県伊達市、大阪府高石市、栃木県大田原市、千葉県浦安市、岡山県岡山市
事業概要 国保保険者や参加者本人が保有する健診データと活動量計や体組成計等から得られる個人の生活・バイタルデータ等を統合・見える化し、健康づくりの努力と成果をポイントというスキームで評価しフィードバックする新たなIoT健康サービスのリファレンスモデルを構築する。IoTサービスの開発・運用においては、既に構築済みの複数事業者が相乗りできるプラットフォームを活用し、これまでの蓄積データも活用しながら、無料から有料切換時の継続意向、医療費の抑制等を検証する。
実証期間終了後の予定 上記リファレンスモデルを活用し、SWC首長研究会やSWC協議会の場において情報発信するとともに、本サービスを利用する自治体の拡大を図り、全国規模での普及展開を促す。

具体的な取り組みの説明

全体イメージ

proj_img_5_01

システム構成(データの流れ)

proj_img_5_02

身近なIoTプロジェクト第1回会合における説明資料