採択事業・委託候補先の紹介

H28-12. IoTを活用した地域ブランド創出スキームの構築 ~千曲川ワインバレー特区におけるワインの地理的表示取得に向けて~

代表提案者 信州大学経法学部
対象分野 農業
実施地域 長野県、千曲川ワインバレー特区(長野県上田市、長野県小諸市、長野県千曲市、長野県東御市、長野県立科町、長野県青木村、長野県長和町、長野県坂城町)
事業概要 『信州ワインバレー構想』によりワイン産業を振興する長野県において、地域の環境特性に適した高品質なワイン用ぶどうの栽培を確立すべく、支援データ基盤の構築と規程整備を行い、IoTを活用したワイン用ぶどうの収穫/防除タイミング予測モデルを実証する。中長期的には信州産ワインの地理的表示における品質基準の明確化等により地域ブランド力の向上を目指す。
事業成果 成果報告書ダウンロード
説明動画